打算なんかで明日を選ぶな!

わざと齧っちゃったヤバいリンゴのお話

君がそばにいてくれたら僕は夢になろう Theyクリエ2016の備忘録④~時差ver

さー、しりすぼみ感ハンパないですが、ラストまで。

 

ここまでは戦略的で、ここからは感情的。

ここから始まる、怒涛の愛メドレー。
最後に、できるかぎりの愛を詰め込んで。甘くて、甘くて。幸せで、幸せ。
この選曲、この曲順がほんとに素敵だった。
ここに、ぜいの気持ちがこもってるって勝手に感じられたから。


■Honey Beat
りょうちゃん「こーたも一緒にうたうよー」

「笑ってー笑ってー笑ってー」がとにかく楽しい。
途中から12列お立ち台くるよね?

はやしくんとりょーちゃんの、ちょっと気まずいイチャイチャ。
ほんとにほんっとーーーーーにすき!死ぬほど好き!!!!

 

愛のメロディー
お立ち台、ファンサ曲。はやしくん上手。

「ハイハイハイ!ハイハイハイ!」(Aメロの手前のとこ)
「まるで少女ようなあどけないそのほほえみ」って歌われながら指差し。

サビは手を振りながら唱歌する。
なんかね、唱歌って感じの歌い方だったんだよ、みんな。
音楽の教科書に載ってないかな?っていう。


■愛を叫べ
ほんっと、怒涛の愛メドレー。
最後の最後に愛をいっぱい詰め込んでくるの最高じゃない?

サビはメインステージ。みんなで本家の振りをやる。
幸せなんだよとにかく。


■Good-bye,Thank you
まさかのぐっさん。
また、北山君の幻聴が聞こえるんだけど、回を追うごとに、はやしくんの歌声で塗り替えられていく。はやしくんの声で聴く、ぐっさんはとくべつ。

キスマイの手ぶりはない。
「本日はどうもありがとうございました。また絶対絶対みんなであそびましょー!」


~~~アンコール

■ココロチラリ
まさかの!でした。初日。かわいかった。
2日めは歌わず、オーラスにトリプルアンコで再登場。
最後にもう一度聞けてめちゃくちゃうれしかった。


■Yes?No?(2日目、3日目)
嵐さん!この歌を、ぜいぶどうに、ください!
手ぇあげろ!で全力で手を振った、腕の痛み。


■空のスクリーン
通路でファンサ曲。風船持ってたのこの曲?

メンバー紹介
しきりははやしくん

僕たちの名前を大きな声でいうんだよ!
せーの、ぜいぶどー!


■Love so sweet(オーラスWアンコ)
階段を一番後ろまで駆け上って。
3人とも(ええ、3人ともです)小さいから、見事に埋もれるんだよ、通路行くとさ。
それが、いとおしい。ハイタッチしたり、レイをプレゼントしたり。

はやしくん、接近戦のファンサは苦手なんだなぁと今回しみじみと思った、身に沁みて感じたw
お立ち台でもファンサより圧倒的にバルコニーの見学構うしね。
でもそれでも、頑張ってやってくれてるなぁと思ったから。

愛のメロディーとラブソーは、いろんなことがあったからほとんど記憶がない。

 

---------------

今回、早々にコンセプトを発表していたわりには、去年に比べてコンセプト色が薄くて。

「1月2月くらいに打ち合わせ1回してほぼ全部できてたけど、本番が近づいてきたらガラッと構成が変わった。ほぼ全部、変わった」

本人たちもMCで言ってたけど。

何があったかは分からない。
どんな話し合いで、何がどう変わったかも。
でも、最終的に、ここにたどり着いたぜいが、わたしは好きだなとおもった。

彼らにとって、コンサートってそういう場所なんだろう。
自分を表現する場所でもあるけど、最後はありがとうなんだろう。
戦略的に自分を表現するけど、それだけで、今年は終わらなかったんじゃないかなって。ちゃんと感情も伝えたかったんじゃないかな。

そして、これはわたしの完全な妄想だけど、「ガラッと変わった」時、歌舞伎で忙しいはやしくんの代わりに、えだりょが組みなおしたのでは?と思ってる。あの二人は、感情がまっすぐ表に出るタイプだから。

だから初日、緊張する!ハグして!って叫んだ流れで、
「楽しかったですか?」「ここまで、ここまでね?」って客席に問いかけて、
パチパチパチーって拍手もらったら、「わかるもん」って言いながらりょーちゃんは涙ぐんだのかな、ってちょっとそう思っていました。

はやしくんは「(コンセプトは)あんまできてないけど、いろいろ変わってかっこよくなった」って褒めてた。
MCでことあるごとに、はやしくんは、りょーちゃんがバトルを一人で振付けたことをべた褒めし、えだちゃんが潤くんについて嵐からたくさん学んできたことを、「すごんだよ!」って自慢する。
あれは、不器用なはやしくんなりの、二人への感謝だったのかなぁって思います。