読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

打算なんかで明日を選ぶな!

わざと齧っちゃったヤバいリンゴのお話

4/30(土)昼公演のメモ ※こっそり2幕追加w

○冒頭

髪切ってから初めての滝様。麗しかった。
今年の滝様は去年に比べてお肌の調子が断然良いよね。去年のGW前あたりボロボロですごく心配したもの。
去年はやっぱりシンガポールの準備や打ち合わせで大変だったのかなぁという話を、元・北山担のお友達としたのでした。


○でこばやし登場

土台で出てきた瞬間に前髪上がってることに気づいて、思考停止。
険しい表情でバッキバッキに踊るので、色気と迫力を受け止めきれず、前に出てきて踊る時は椅子ドンされてる気分だった…
一回ハケる間に呼吸整えようと思って、ぼんやりとながつを見てたら、気づいたらもうとっくにはやしくんがピンクに着替えて出てきてて、ちょっと見逃してしまったよ><

とにかくこの日、いにしえのはやしくんは表情が険しくて、眉間にしわがずっと寄ってるような感じ。おデコ出してて眉毛が見えるからそう思うのか、でこ出しによってはやしくんに何らかのスイッチが入ってカッコつけモードになったのかは分からないけど、とにかく、「かわいい」っていうのは全然感じなくて、クールで、ただただ男っぽく、色気にクラクラした。

分け目は左よりで、左側の髪をグッと右側へ盛ってる感じ。左側から見るとおでこが強調されてでこばやし強め、右側は前髪も半分下りているので、右から見ると普通のはやし。向きを変えるたびに、くるくると印象が変わってとってもいい。自分でセットしたの?すっごく上手!すっごく素敵!!!(べた褒め)

銀河の果てまで、のところだったと思うんだけど、手を斜め上から下へウエーブする振りがあって、そこではやしんくんは目線も斜め上から下へ移動させるのが、とっても趣があってよかった。


○maybe

でこばやしのmaybeは切なさ強め。
いつもきゅーんとなる、「遠ざけては、追いかけてたもの」のところ、遠ざけては、で小指を遠ざけるときに、小指をすっごく切ない目線で追ってて。前髪を上げているからこそ、いつもよりその切ない目の印象を強く受け取れたのかな。切ないよ。たまらない。

最初の健くん一人のところも、健くんがすごく切ない表情してて素敵だった。
伏し目がちから始まって、「maybe、もう恋はできない、なんて」で、すっごく悲しそうに首を振って、その後、そっと肩をすくめる。その1フレーズで、切ない恋の物語の中にぐっと引き込まれてしまう。

前のお席だったので、なるべく防振は使わず全身を見てたら、はやしくんの足捌きと体重移動に重力が感じられず、大野イズムをがっつり実感してしまった。


○四剣士

戸板の前くらいに、ひーくんがあべちゃんともう一人に捕らわれるところがあるんだけど、よく見てると、照明が当ってない中で、ひーくんと阿部ちゃんが目線で細かくお芝居してた。義経の殺陣もそうだったけど、舞台上にいるすべての人物に一つ一つ血が通ってて、物語があるんだなぁって、こういうところで気づける。ほんとはもっと全部見たい。


○お化け

初めてミストのかかるお席に! しかし、吹き出し口が真上にあったみたいで、ほんとに燦燦と(って言わないか。でもそんな感じで)ミストを浴びてしまい、思わず防振が心配になってジャケットの中に退避させたwはやしん、お芝居に集中してなくてごめんなさい。

前回、おふゆの哀しみが強く表現されるように進化したなって思ったけど、そこの進化はそのままに、今回強く感じたのは巳之吉の恐怖と苦しみ。体を砕かれて痛がる部分、ちょっと演出が変わったよね? 恐怖と苦しみを際立たせるために、おふゆが巳之吉に息を吹きかけていく部分は語り部の口調がこれまでよりも激しさが増し、巳之吉が苦しみのたうち回る部分は長めに、そして、おふゆさんの表情はまた哀しみより狂気が強まっていた気がするけど、でも「ただただ死を待つ苦しみ~」や「おのれの不実を嘆け」、最後の「しかと見届けるがいい」は、やっぱり悲痛な叫び声にしか聞こえなくて……。ちゃんと怪談でありつつ、ただ怖いだけではない、悲恋の情緒はしっかり残されているところに、この演目の最終形が見えてきた気がしました。でもまだまだ進化するんだろうなぁ。

だんだんと、はやしくん以外も見られるようになってきて、映像や、音響や、ミストや、たくさんのお化けたちを、ちゃんと感じながら見られました。全体を通して‘体感’すると、音や映像や、そしてもちろんはやしくんの演技と、連動していろんなものが動いていくので、会場全体でグルーブ感みたいなものを感じる。会場全体が、お客さんの空気もまるごと連動して動いている、そのど真ん中ではやしんが舞台上にたった一人で(いや、背後にお化けが一体いるけど、生身の人間としては一人で)、この会場中の恐怖だったり狂気だったりを操っているように見えて、怪談とは別の部分でゾクリとしました。なんか本当にすごい演目な気がします、これは。そして生でしか感じられないものが確実にある。あと数回、身体全体で、全感覚で、体感したいなぁと思う。

はやしくんがもしさ、誰かに見つかって、呪怨みたいな超怖いホラー映画に出ることになってしまったら、わたし見に行くのかなぁ無理だわぁどうしよう、って一瞬思ったんだけど、たぶんわたし、映画見ながらでも頭の中はずっと「あー、はやしくん顔かわいい」に支配されているだろうから、うん、見れるね。余裕で通うわ、映画館。


○MASK

ここまでわたし、健くんが骨折してるの忘れてました。MASKで動きがおかしくて気づいたわけではなく、靴下の色で思い出した。ここまで忘れさせていた健くんがすごい。

ここはもう、皆さんがおっしゃるように、演出が素晴らしすぎる。この世界観を三宅健と作ろうと思った人は誰ですか。これはジャニーズ界で今後ずっと語り継がれていく演出なんだろうと思う。

りょーちゃんがいないのでゾンビの人たちはあまり見ていなくて、基本健くんに釘付けなんですが、ゾンビでここ見ておいたほうがいいよ、っていうのあったら教えてください。基くんはいるの?(そこから)


○変面

わたしのノートには「大我のかおになりたい」とそれだけ書かれてありましたw


○太鼓

始まる前に掛け声が。まず続けて2回。そのあと、ちょっと間があって1回。
ウェーイ!みたいな感じの声。
わかんないけど、今年の太鼓はズレることが多いので、気合入れなのかな?と。この日はズレてなかった気がします。

この日初めて、はやしくんの奥に基くんを見つけてしまった!基くん、ほんとに腹筋すごいね。みぞおちのすぐ下から割れてて、綺麗な8パックだった。なにあれずるい。あとさ、基くんてオデコがいわゆるでこっぱちでかわいい。でこっぱちのオデコに汗で髪の毛がちょっと乱れて張り付いてるの、なんか、うん、ゴクリ…って感じ。

はやしくんはね、今日も右腕の内側にあるほくろがかわいくて、ハッに合わせてお腹がぺこんってなるのがかわいくて、そして何よりおへその形が天才的にかわいい。でも、でこばやしの顔も見たくて、防振だとお腹とお顔は一緒に入らないから、上下運動が大変だった。
おへその下の、ちょい左よりにある縦線は、やはり腹筋の縦線で、よく見ると、おへそを越えてみぞおちの付近までずっと繋がってた。
テレファンクロスのあの線を確認したくて、凝視したけれど、なかなかあの斜めの線は確認できず、腹筋へ行く前に片手振り上げるポーズの時、初めてうっすら見えた気がする。
あと、おともだちが教えてくれた、叩く瞬間に腕の外側の筋肉がピクってなるのも確認できた!


○浮世艶姿桜

セグウェイタイム、1回目のターンではやしくん、手を上げず。2回目のターンでも、地面と平行にしか手を上げなかったので、もしかして浅田真央ちゃんかよ、って心の中で突っ込んでたのバレた?って思ったんだけど…?(そんなわけない)

はやしくんて、前髪上げてオデコ見せてるとさ、おでこの広さの割りに、眉毛とお目目がきゅっと集まってる感じがしてかわいい。ここでやっと、でこばやしをかわいいと認識した、頭が。


○お化粧

ながつが目黒くんほどシャカリキに扇いでいないのは、わざとなんじゃないかと思い始めた。健くん、浮世艶姿桜出てないから、たぶんそんなに暑くないもんね。
目黒くんが滝様とおしゃべりしてるの、全然確認できない。がんばって見てるつもりなのになぁ。とにかくここの目黒くんはかわいい。目黒くんの汗拭いてあげたい(毎回言う)

あとこの日、なべしょのしゃべりがとっても雑だった。すごく気になるよ。がんばろ?


○Seasons

はやしくーーーん!どうしたの?急いでたの?衣装めちゃくちゃだったよw
首元、襟のとこズレてたし、お腹のところも合わせがズレて白いマジックテープ見えてたw


○もとげんの東西東西

「高いところから~」で周辺を「うんうん」てしながら見回す基くん。自分がしゃべってないところは、ずっと花道付近3列までくらいの人の顔をニコニコしながら見つめている基くん。この日のレポに、「基くんがここでずっと目を合わせてきた」みたいなのを見たので、ほんとに近くのお客さんと目を合わせてたんだな。最後の、「とざいっ!とーざーいー!」を言い終わると、前回と同じくお顔をクシャッってし
て笑ったので、そっか、あれはなんかミスしたとかじゃなくって、かわいい決め顔だったんだな!やられたぜ!ってなりました。基くん、かわいいだけじゃないね、あのこ。あざといわ。すきよ。


○口上

はやしくんがなべしょにシバかれた後、後で言っとけよ!って口パクで怒る相手は佐久間くんだった。ふっかの時、「タッキーと比べても」で、客さんから先に「えー」が出て、はやしくん「まぁまぁ」って口パクでお客さんをなだめる。「三宅くんと比べても」でより一層「えー!」が大きくなると、すっごいドエスな顔して笑ってた。ご馳走様。


○お祭り


はやしくんの背後にいたJAEのイカツイお兄さんがめっちゃ笑顔で、その笑顔につられてはやしくんもニコニコだった。

肩抜く時の抜き方がさ、なんか首をちょっと入れた感じで、粋だった。(これ前も書いたっけ…)
扇子を咥えて、また手に持つ時に、自分が噛んだ部分をさりげなくそっと拭うように持つところがとってもはやしくん>_< すきしかないはやしくん>_< 
片足を上げる部分、上げた方の足の角度?がひとり違う気がするの。関節が綺麗に直角になってて、きちんと足首に力を入れて角度を保ってることが分かる。きっとはやしくんが正解なんだと思う。



○蝶々


ツイッターに書いたけど、縄張り争いの話なのかな?って思いながら見てました。

 
 
○2幕

始まる前に田舎の夜っぽいSEが会場に流れるの良いね。

鼠小僧が「一度きりの人生」って言うたびに、頭の中でワイルドアットハートが流れるのやめたい。

基くんが花道を通ったとき、石鹸みたいないいにおいした。

ダテ様の鳴り物ほれる。
正確に叩きつつ、腕を振り上げるところとか、ちゃんと魅せてくるのがすごい。元から所作が綺麗だからだろうか。

「金がねえ!」って言ってるながつのクズ遊び人ぷりが素晴らしい。

「独り身」で人差し指にキス3回する基くんのあざとさよ。

はやしくん(佐助さん)登場。前髪下りてる!!!

基くん、はやしくんの肩モミモミしてご機嫌とってからの、いつものちょんまげいじり。
「なるほどなぁ!」で佐助さんの手ポン!、音が大きすぎて笑った。

「頭の中身が違う」のところで、背伸びする佐助さんかわいい。

ガキ様の大泉洋みが日に日に増しているきがする。

今日の佐助さんのお茶は熱くない。でも思ってた味じゃなかったみたいで、一口飲んで、ん???みたいな顔してた。今日は煎茶じゃなくて梅昆布茶だったのかな?

MOUSEKID、げんげんとはやしくんのHEY!合戦、踏み台上りながらの全力お手振りだった。

屋根に乗った鼠小僧を運んでる黒子が、基くんと森継だと初めて知る。

鼠小僧がおまるさんのお尻と胸を触るときの手つきが、「ぺろーーーん」って感じで完全にオヤジのセクハラ。

おまるさんの「アーーン?じゃ、OK!」がビバリーヒルズ青春白書だった。

鼠小僧から顔面に放水される佐助さん、足をジタバタジタバタさせてて超かわいい。
最後、幕下りる直前に、客席に向けて後ろ手でビシャ!ビシャ!って床の水を掛けてた。

 

以上です。